Posted in: 手術費の事

ぺニス増大では薬剤を選べる?薬剤の値段は?

コラーゲン・ヒアルロン酸は安全性の高い薬剤

ぺニス増大のため、薬剤の注入を考える方もいるかもしれません。
薬剤の中でもコラーゲンとヒアルロン酸は、よく知られる成分であり安全性の高い薬剤です。
どちらの薬剤も美容整形でも使用されています。
亀頭部にコラーゲンを注入してボリュームの増大効果が得られ、亀頭が固くなる亀頭強化の効果も得られます。
持続効果は約半年から1年ほどで、徐々に吸収されます。
効果の持続期間は短いものの、体に負担をかけたくない方にはお勧めの薬剤です。
ヒアルロン酸もコラーゲン同様、安全性が高く亀頭のボリュームを出す増大効果があります。
同じく半年から1年ほどの効果ですが、硬さと弾力が残るため早漏防止・亀頭強化の効果は長期にわたり持続します。
値段ですが、コラーゲン(1本1cc)は88,000円、ヒアルロン酸(1本1cc)は55,000円ほどとなるようです。
値段はクリニックによって違うため料金表をよく確認して下さい。
注入する本数も増やせば値段も高額になります。
また、クリニックによっては特殊なヒアルロン酸を提供していることもあります。
ぺニス増大を考えつつも身体に優しい薬剤を選んで下さい。

薬剤は選べる!選ぶ際には丁寧なカウンセリングを受けよう!

クリニックでは、ぺニス増大のための薬剤を複数用意しています。
安全性が高く値段も手に届きやすいため、コラーゲンやヒアルロン酸の薬剤注入が多いです。
他にもバイオアルカミドやアクアミド、レディエッセがあります。
それぞれ、165,000円、88,000円、165,000円程度の値段が提示されています。
どの薬剤も美容整形外科で使われており、コラーゲンやヒアルロン酸よりも長期間の効果を期待できるのが特徴です。
治療を受ける方の意向に従って、薬剤の注入が行われますが、まずは医師のカウンセリングが必要です。
その際に、料金の説明やぺニス増大の効果、アフターケアなど疑問点は必ず明らかにしましょう。
クリニックが提供する薬剤は好きなものが選べますが、医師のアドバイスによっては別の薬剤を提示される場合もあります。
自分の希望を上手に伝えて、治療後のミスマッチがないよう注意して下さい。
クリニックにより治療内容・値段・提供する薬剤に違いがあるため、複数のクリニックの案内をよく読み自分に合ったクリニックを選びましょう。

まとめ

ぺニス増大のための治療方法は多々あります。
その中でも薬剤注入を選ぶのであれば、複数の薬剤から選ぶことができます。
コラーゲンやヒアルロン酸を、ぺニス増大の薬剤として主に使用しますが、クリニック独自の薬剤を提供している場合もあります。
医師のカウンセリングを通して自分に合った薬剤を選んで下さい。
ぺニス増大に加えて身体に負担がかからないか、値段と見合う治療かどうかも判断する必要があります。
疑問点を解決して治療を受けましょう。